活動報告 イベント

【申込受付中】WHO西太平洋地域委員会関連イベント「AMRという健康危機」(2021年9月25日)

【申込受付中】WHO西太平洋地域委員会関連イベント「AMRという健康危機」(2021年9月25日)

薬剤耐性(AMR)とは、感染症に対して抗微生物薬が効かなくなる問題です。このまま対策を行わないと、2050年にはAMRはがんよりも大きな問題になると言われており、早急な対策を行うことが必要です。

第72回WHO西太平洋地域委員会が10月に姫路市で開催されることを記念し、日本ではまだまだ認識が低いAMRの問題について、国内外の現状を産学官民の感染症関係者で共有し、日本における今後の対策について議論するオンライン国際シンポジウムを開催いたします。

このイベントはAMRアライアンス・ジャパン(事務局:日本医療政策機構)が主催しています。


「AMRという健康危機
―新型コロナウイルス感染症からの学びを、サイレントパンデミックである薬剤耐性(AMR)への対策に生かすために、わたしたちができること―」

【開催概要】
■日時:2021年9月25日(土)16:00-18:00
■言語:日本語及び英語(同時通訳あり)
■場所及び定員:
 オンライン参加(Zoomウェビナー):定員400名 ※先着順
 姫路中継会場(アクリエひめじ4階中会議室):定員90名
■参加費:無料
■主催:AMRアライアンス・ジャパン、姫路市、姫路市医師会、姫路市歯科医師会
■後援:厚生労働省(調整中)、姫路薬剤師会、兵庫県看護協会西播支部
■協賛:日本製薬工業協会
■シンポジウム事務局:オスカー・ジャパン株式会社国際事業部(e-mail:amr2021@oscar-japan.com


【プログラム】
(敬称略)
※詳細は末尾のリーフレットをご覧ください
※プログラム及び登壇者は変更の可能性がございます

15:50-15:55 ご挨拶(姫路会場のみ)
石橋 悦次(一般社団法人 姫路市医師会 会長)

16:00-16:05 開会趣旨説明
乗竹 亮治(特定非営利活動法人 日本医療政策機構 理事・事務局長/CEO)

16:05-16:25 メッセージ
葛西 健(WHO 西太平洋地域事務局(WPRO)事務局長)
塩崎 恭久(衆議院議員/元厚生労働大臣/薬剤耐性に関するワンヘルス・グローバル・リーダーズ・グループ 委員/自由民主党 データ・ヘルス推進特命委員会 委員長)
尾身 茂(地域医療機能推進機構(JCHO) 理事長/新型インフルエンザ等対策推進会議 議長)

16:25-16:40 講演1「世界的な保健課題であるAMRー英国からのメッセージー」
Dame Sally Davies(UK Special Envoy on Antimicrobial Resistance)

16:40-16:55 講演2「日本におけるAMR問題の現状と今後の対策への期待」
大曲 貴夫(国立国際医療研究センター 国際感染症センター センター長/国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター センター長)

16:55-17:55 パネルディスカッション「抗微生物薬の適正使用」
Socorro Escalante
(Regional Coordinator for the programme on EMT and AMR, WPRO)
大曲 貴夫(前掲)
河村 哲治(独立行政法人 国立病院機構姫路医療センター 院長)
阿真 京子(「子どもと医療」プロジェクト 代表/特定非営利活動法人 日本医療政策機構 フェロー)
江浪  武志(厚生労働省 健康局 結核感染症課長)
井上 肇(厚生労働省 大臣官房 国際保健福祉交渉官)
伊藤 達哉(日本製薬工業協会 国際委員長)

17:55-18:00 閉会の辞
清元 秀泰
(姫路市長)


【お申込み・詳細】

ご参加を希望される方は、以下のWebサイトからお申込みください。
(下記リンク、QRコードは外部サイトへ移動します。)

なお、参加登録に関するお問い合わせは、上記シンポジウム事務局(e-mail:amr2021@oscar-japan.com)までお願い申し上げます。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

イベント一覧に戻る
PageTop