日本医療政策機構とは ミッション・行動指針
MISSION

ミッション

フェアで健やかな社会を実現するために、新しいアイディアや価値観を提供し、グローバルな視点で社会にインパクトを与え、変革を促す原動力となること。
我々は、将来を見据えた幅広い視点から、政策に関心を持つ市民に選択肢を提示し、他分野のステークホルダーを結集し、創造性に富み実現可能な解決策を示す。

GUIDING PRINCIPLES

行動指針

1. CONNECT and FACILITATE
幅広いステークホルダーを結集し、有意義な議論を促進する。
2. INDEPENDENT and GLOBAL
特定の政党・団体の立場にとらわれず、独自性を堅持し、グローバルな視点を持つ。
3. FEASIBLE and RESPONSIBLE
実現可能で責任ある政策の選択肢を提供する。
4. RESEARCH and ANALYSIS
質の高い研究や分析を提供する。
5. OPEN and CREATIVE
開かれた機会を提供し、創造性を育てる。
GUIDING PRINCIPLES

日本医療政策機構の独自性について

当機構は、設立当初より「市民主体の医療政策を実現すべく、独立的なシンクタンクとして、幅広いステークホルダーを結集し、社会に政策の選択肢を提供すること」とミッションを掲げ、さらに「特定の政党、団体の立場にとらわれず、独立性を堅持する」との行動指針にもとづき活動を行ってまいりました。今後も、政治的な中立性はもちろんのこと、あらゆる団体からの独立性を堅持し活動を展開してまいります。

寄附・助成の受領に関する指針

当機構は、非営利・独立・超党派の民間シンクタンクとして、寄附・助成の受領に関する下記の方針に則り活動しています。

1. ミッションへの賛同

当機構は「フェアで健やかな社会を実現するために、新しいアイディアや価値観を提供し、グローバルな視点で社会にインパクトを与え、変革を促す原動力となる」ことをミッションとしています。当機構の活動は、このミッションに賛同していただける団体・個人からのご支援で支えられています。

2. 政治的独立性

当機構は、政府から独立した民間の非営利活動法人です。また当機構は、政党その他、政治活動を主目的とする団体からはご支援をいただきません。

3. 事業の計画性・実施の独立性

当機構は、多様な関係者から幅広い意見を収集した上で、事業の方向性や内容を独自に決定します。ご支援の意見を求めることがありますが、それらのご意見を活動に反映するか否かは、当機構が全体的に判断します。

4. 資金源の多様性

当機構は、独立性を担保すべく、事前運営に必要な資金を、多大な財団、企業、個人等から幅広く調達します。また、各部門ないし個別事業の活動のための資金を、複数の提供元から調達することを原則とします。

5. 販売促進活動等の排除

当機構は、ご支援者の製品・サービス等の販売促進、または認知度やイメージ向上を主目的とする活動は行いません。

6. 書面による同意

以上を遵守するため、当機構は、ご支援いただく団体には、上記の趣旨に書面をもってご同意いただきます。

PageTop