活動報告 調査・提言

【プレスリリース】G20の安全保障課題 ―抗菌薬市場とAMR―(2019年10月16日)

【プレスリリース】G20の安全保障課題 ―抗菌薬市場とAMR―(2019年10月16日)

AMRアライアンス・ジャパン

報道関係者各位

G20の安全保障課題
―抗菌薬市場とAMR―

AMRアライアンス・ジャパンは2019年10月7日に、「緊急フォーラム 抗菌薬の安定供給と抗菌薬市場の危機~G20に求められる世界規模での官民パートナーシップ~」を開催し、本フォーラムでの議論を報告書として取りまとめました。

AMR対策においては抗菌薬の適正使用が重要となりますが、昨今、その前提となる抗菌薬の供給が不安定となり、感染症治療や周術期感染の予防などの基本的な診療行為に問題が生じています。一方で、現在流通している多くの医薬品は世界各国に広がる医薬品製造所に依存している状況であり、一国の努力では医薬品の安定供給の問題には対処できません。さらに、抗菌薬については、市場性や採算予見性の低さゆえ、国内外で市場が崩壊しており、新たな抗菌薬の研究開発はもとより、既存の抗菌薬の安定供給という使命さえ果たすことが難しい状況です。この産業構造を含めた世界共通の危機的状況を安全保障の課題として認識し、打開する糸口を見つけなければ、AMRによる年間死亡者数が2050年には1,000万人にまで上昇する可能性があります。

首脳レベルでは、2019年6月のG20大阪サミットにおける首脳宣言*において、AMRに対する世界的な取組みであるワン・ヘルス・アプローチに基づく努力を推進すべきという意志が盛り込まれるとともに、「抗菌薬の管理とアクセスを促進するために更なる行動をとるべきである」との認識が共有されました。AMRアライアンス・ジャパンは、本報告書において、抗菌薬の安定供給と市場のあり方についてのG20保健大臣らによる具体的な議論と行動を求めています。

*”G20 Osaka Leaders’ Declaration” Ministry of Foreign Affairs of Japan, https://g20.org/pdf/documents/en/FINAL_G20_Osaka_Leaders_Declaration.pdf

 

【AMRアライアンス・ジャパンについて】
AMRアライアンス・ジャパンは、AMR対策の推進により公衆衛生を向上させることを目的として、国内感染症関連学会、医薬品・医療機器関連企業等が2018年11月に設立した、AMR対策をマルチステークホルダーで議論するための独立したプラットフォームです。構成メンバーは、日本化学療法学会、日本感染症学会、日本臨床微生物学会、日本環境感染学会、日本薬学会、日本医療薬学会、日本 TDM 学会、日本医真菌学会、日本小児感染症学会、MSD 株式会社、塩野義製薬株式会社、日本製薬工業協会、日本ベクトン・ディッキンソン株式会社、ファイザー株式会社、知ろう小児医療守ろう子ども達の会及び特定非営利活動法人日本医療政策機構(事務局)です。

■AMRアライアンス・ジャパン 事務局https://www.amralliancejapan.org/
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3 階
Tel: 03-4243-7156 Fax: 03-4243-7378 E-mail: info@hgpi.org(担当:McEnany、柴田、坊野、菅原)

調査・提言一覧に戻る
PageTop

Fatal error: Call to undefined function load_system_script() in /home/hgpi/hgpi.org/public_html/wp-content/themes/hgpi/footer.php on line 119