活動報告 記事・講演・報道

【講演】第6回 日経アジア・アフリカ感染症会議2019(2019年8月31日、9月1日、神奈川県横浜市)

【講演】第6回 日経アジア・アフリカ感染症会議2019(2019年8月31日、9月1日、神奈川県横浜市)

日本医療政策機構の理事・事務局長/CEOの乗竹 亮治は、2019年8月31日、9月1日に、横浜で開催された日経アジア・アフリカ感染症会議に出席しました。

感染症会議は、第7回アフリカ開発会議 (TICAD07:7th Tokyo International Conference on African Development)の横浜開催直後に行われ、アジアアフリカ地域との今後の連携や協力の文脈のなかで、感染症分野での日本の貢献について、議論が重ねられました。

乗竹は9月1日の特別講演でモデレーターとして登壇し、セス・バークレー 氏(Gaviワクチンアライアンス(Gavi) 事務局長 )と、紀谷 昌彦 氏(外務省中東アフリカ局アフリカ部・国際協力局参事官、アフリカ開発会議(TICAD )担当大使、NGO担当大使) のパネルディスカッションをリードいたしました。講演では、Gaviの今後の資金調達の方向性や、日本のリーダーシップへの期待、TICADの成果や今後への教訓などについて、胸襟を開いたコメントが登壇者から寄せられました。

■ 第6回 日経アジア・アフリカ感染症会議2019 ウェブサイト

記事・講演・報道一覧に戻る
PageTop