活動報告 イベント

【開催報告】薬剤耐性:将来のグローバル健康危機(2022年1月13日)

【開催報告】薬剤耐性:将来のグローバル健康危機(2022年1月13日)

2022年1月13日、AMRアライアンス・ジャパン(事務局:日本医療政策機構)は、国際連携を含む薬剤耐性(AMR: Antimicrobial Resistance)に関する国際動向について現状を共有するとともに、今後のAMR対策の強化の見通しについてラウンドテーブルディスカッションを開催し議論しました。

武見敬三氏(参議院議員/世界保健機関 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ親善大使)に開会の辞をいただいた後、Liz Tayler氏(世界保健機関 3機関共同事務局(国際連合食糧農業機関および国際獣疫事務局とともに運営) テクニカル・オフィサー)、菅井基行氏(国立感染症研究所 薬剤耐性研究センター(WHOコラボレーティングセンター) センター長)、市川伸子氏(欧州復興開発銀行 シニア・環境・アドバイザー)にパネルディスカッションとQ&Aセッションによりご討論いただきました。


エグゼクティブサマリー

  1. AMRは20世紀に大幅に進んだはずの現代医学を後戻りさせます
  2. 気候変動と同様に、AMRは社会経済全体に影響を及ぼす問題です
    この「サイレント・パンデミック」の脅威をいかにして人々に共有するかという課題に、世界は直面しています
  3. AMR対策は国際的潮流になっています
    AMR問題は、今後も国際的な政策アジェンダの最上位として位置づけられなければなりません
  4. 世界の感染症対策には、最も脆弱な国々での対策が不可欠です
    国際協力・開発援助のリーダーである日本は、アジアをはじめ世界の医療システム強化に向けて重要な役割を担っています


本シンポジウムの背景や詳細については、下部PDFをご覧ください。
なお、本報告書の内容は本ディスカッションの議論に基づき、主催者であるAMRアライアンス・ジャパンが論点を抽出し、中立的に取りまとめたものであり、必ずしも登壇者の意見を代表するものではありません。



新型コロナウイルス感染症(COVID-19: Coronavirus Disease 2019)は、感染症という課題の難しさと厳しさを世界に知らしめ、感染症対策があらゆる分野と相互に関連していることを浮き彫りにしました。各国のCOVID-19対策は、新たな変異株の出現、治療法やワクチンへのアクセス、世界の社会経済活動等、自国以外の課題にも大きな影響を与えており、感染症という健康危機は一国では対処できない、まさにグローバルな課題です。今回のパンデミックから立ち直り、次の危機に備えるために、感染症対策の強化に向けて世界的に取り組む必要があります。

世界的な感染症対策の強化に向けた取り組みが必要であることは間違いありません。なぜなら、次なる感染症危機として既に「薬剤耐性(AMR: Antimicrobial Resistance)」が存在しているからです。AMRとは、感染症の原因となる微生物が時間の経過とともに治療に対して耐性を持つようになる、自然発生的なプロセスです。この問題によって、本来であれば治せるはずの感染症が治せなくなります。実際に、世界中で毎年120万人の命が既に奪われています。これは、HIV/AIDSやマラリア等による年間死亡者数を上回る数字です。日本では、年間8,000人がAMRによる感染症で死亡していると推定されており、その数は年間の交通事故死者数の2倍以上にも相当します。もし世界がこの問題に真剣に取り組まなければ、2050年までに世界で毎年1,000万人もの人々がAMRに関係することが原因で死亡する可能性があり、そのうちの40%以上がアジアで発生すると考えられています。そうならないためにも、この地域の国々はAMR対策に一丸となって取り組まなければならないでしょう。

日本は常に国際協力におけるリーダーとして、保健分野では人間の安全保障やユニバーサル・ヘルス・カバレッジ実現に向けた取り組みを強力に推進してきました。経済協力開発機構の開発援助委員会が発表した統計によると、日本は保健分野への支援国として世界第4位であり、2018年には1,027億円を拠出しています。

感染症危機が社会や開発目標の達成に大きな影響を与えることがCOVID-19で明らかになった今は、開発援助が優先すべき課題を再考する時期と言えます。感染症対策は、健康な社会を実現するための基盤となるものです。どの国も単独では感染症問題に対処できません。今後、AMRに対する世界の防御力を高めるためには、各国の政策基盤の底上げが重要になります。日本を含む世界中の人々を守るためには、医療システムの強化と健康の安全保障のための国際協力の拡大が不可欠です。

本シンポジウムでは、このような問題意識のもと、感染症分野、グローバル保健ガバナンス分野、ファイナンス分野の専門家が一堂に会し、国際連携を含めたAMRに対するグローバル・アクションの現状について共有しました。登壇者の皆様からは、今後の対応策の強化に関する見通しや、日本のグローバル・ヘルス・アジェンダにおけるAMR対策の位置づけに関して活発な意見交換が行われました。

■開催概要

  • 日時: 2022年1月13日(木)18:00-19:30
  • 会場: Zoomウェビナー
  • 主催: AMRアライアンス・ジャパン/日本医療政策機構
  • 言語: 英語/日本語(同時通訳あり)
  • 参加費:無料


■プログラム

18:00-18:05  趣旨説明
 Matt McEnany(日本医療政策機構/AMRアライアンス・ジャパン シニアマネージャー)

18:05-18:10  開会の辞
 武見 敬三(参議院議員/世界保健機関 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ親善大使)

18:10-18:20  プレゼンテーション:グローバルな視点 AMR対策のためにWHOが行っていること
 Liz Tayler (Technical Officer, Tripartite Joint Secretariat, WHO)

18:20-18:30  プレゼンテーション:日本が支援する継続的な国際協力の一例 – AMRサーベイランス
 菅井 基行(国立感染症研究所 薬剤耐性研究センター センター長)

18:30-18:40  プレゼンテーション:AMR耐性のある開発への投資 – AMRに対してEBRDのアプローチ
 市川 伸子 (Senior Environmental Advisor, The European Bank for Reconstruction and Development)

18:40-19:30  ラウンドテーブルディスカッション

イベント一覧に戻る
PageTop