活動報告 イベント

【開催報告】第1回超党派国会議員向け医療政策勉強会「30分で伝える医療政策最前線」(2019年11月6日)

【開催報告】第1回超党派国会議員向け医療政策勉強会「30分で伝える医療政策最前線」(2019年11月6日)

日本医療政策機構は参議院議員会館にて医療政策勉強会「30分で伝える医療政策最前線」第1回「薬剤耐性菌について―TOKYO 2020と感染症 薬剤耐性菌(AMR)とは―」を開催いたしました。

舘田 一博 氏(日本感染症学会 理事長/日本臨床微生物学会 理事長/東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授)が講演を行い、薬剤耐性菌(AMR)に関する政策の必要性を訴えました。講演後には、ご参加いただいた国会議員の方々との質疑応答が行われました。

 

■趣旨
毎年、世界で少なくとも約70万人もの人が薬剤耐性(AMR: Antimicrobial Resistance)菌感染症により死亡していると考えられています。AMRは多くの医療機関で問題になりつつあり、日本国内でも市中感染型耐性菌による感染症の症例も増加しつつあります。日本は2016年4月に「薬剤耐性(AMR)対策アクション・プラン National Action Plan on Antimicrobial Resistance 2016-2020」を発表しており、それ以来、AMR対策に取り組んできました。HGPIでは国内外でますます増大するAMRに対する懸念を踏まえて、2016年からAMR対策に関する政策活動を継続してきました。2018年11月にはHGPIは国内感染症関連学会、医薬品・医療機器関連企業等と協力して、AMR対策をマルチステークホルダーで議論するための独立したプラットフォームであるAMRアライアンス・ジャパンを設立しました。詳しくはこちらのAMRアライアンス・ジャパン公式ウェブサイトをご覧ください。

 

■プログラム
開会の辞
自見 はなこ(参議院議員)

 

趣旨説明
栗田 駿一郎(日本医療政策機構 シニアアソシエイト)

 

講演「薬剤耐性菌について―TOKYO 2020と感染症 薬剤耐性菌(AMR)とは―」
舘田 一博(日本感染症学会 理事長/日本臨床微生物学会 理事長/東邦大学医学部微生物・感染症学講座 教授)

閉会の辞
黒川 清(日本医療政策機構 代表理事)

イベント一覧に戻る
PageTop