活動報告 調査・提言

【症例報告】冲中敬二「キャンディン系抗真菌薬をブレイクスルーした播種性糸状菌感染症」(AMRアライアンス・ジャパン、2021年9月6日)

【症例報告】冲中敬二「キャンディン系抗真菌薬をブレイクスルーした播種性糸状菌感染症」(AMRアライアンス・ジャパン、2021年9月6日)

AMRアライアンス・ジャパン(事務局:日本医療政策機構)は抗菌薬適正使用プロジェクトの一環として、専門家による薬剤耐性菌に関する症例報告を掲載する取り組みを始めました。

第一回目となる今回は、冲中敬二氏(国立がん研究センター東病院・総合内科、中央病院・造血幹細胞移植科(併任)、感染制御室室長)より「キャンディン系抗真菌薬をブレイクスルーした播種性糸状菌感染症」に関する症例を掲載しました。

■第1回
冲中 敬二(国立がん研究センター東病院・総合内科、中央病院・造血幹細胞移植科(併任)、感染制御室室長)
「キャンディン系抗真菌薬をブレイクスルーした播種性糸状菌感染症」

調査・提言一覧に戻る
PageTop