活動報告 イベント

【申込受付中】(オンライン開催)こどもの健康プロジェクト 第1回専門家会合 「こどもの権利を尊重したメンタルヘルス教育プログラムとサポートシステムの構築」~こどものメンタルヘルスに対するライフコースアプローチを考える~(2021年12月16日)

【申込受付中】(オンライン開催)こどもの健康プロジェクト 第1回専門家会合 「こどもの権利を尊重したメンタルヘルス教育プログラムとサポートシステムの構築」~こどものメンタルヘルスに対するライフコースアプローチを考える~(2021年12月16日)

COVID-19の流行により、世界的にこどものメンタルヘルスへ注目が集まっています。2020年5月には国連がCOVID-19感染拡大下におけるこどものメンタルヘルスに関するレポートを公表し、多くの国々で、外出制限に伴いこどもの集中力低下や情緒不安定、神経質な状態などの変化が報告されていることが明らかになりました。日本でも、国立成育医療研究センターの「コロナ×こどもアンケート第4回調査報告書」において、回答した小学4~6年生の15%、中学生の24%、高校生の30%に、中等度以上のうつ症状があったことが示されており、COVID-19によるこどものメンタルヘルスへの影響は、喫緊の課題となっています。また昨今、メンタルヘルスに限らず、こどもを取り巻く医療の在り方は、医療政策課題の大きなテーマとなっています。すべての妊産婦の妊娠期から子育て期、そしてこどもの出生後から成人期までの成育過程において切れ目のない医療・福祉等の提供、支援が求められています。

日本医療政策機構においても、2020年度よりこの社会的モメンタムを促進し、我が国のこどもの健康に貢献すべく、国内外のステークホルダーとの連携による議論の喚起や、調査研究によるエビデンス創出に基づく政策提言を行うため、こどもの健康プロジェクトを立ち上げ、活動を進めてまいりました。2021年度からは、当機構のメンタルヘルスプロジェクトで得られた知見を基に、さらに発展させるべく「こどものメンタルヘルス」に関する取り組みをスタートしました。「こどもの権利を尊重したメンタルヘルス教育プログラムとサポートシステムの構築」と題し、主に小中学生に対し、自身のメンタルヘルスの変化や不調に気付く、対処し、また適切なタイミングで相談できるようになるためのプログラムの構築、効果検証を行います。

本専門家会合では、こうしたこどもの健康・こどものメンタルヘルスを取り巻く政策課題やその解決策についてマルチステークホルダーによる議論を行います。第1回では、こどものメンタルヘルスをライフコースアプローチで包括的に支援することの重要性について議論を行います。

 


■概要

  • 日時: 2021年12月16日(木)18:00-20:00
  • 会場: Zoomウェビナー
  • 参加費:無料
  • 言語: 日本語のみ


■プログラム(敬称略)
※内容や登壇者等、詳細は現時点でのものであり変更の可能性がございます

18:00-18:05 開会・趣旨説明

18:05-18:25 基調講演1「『チルドレン・ファースト』社会の実現に向けて」
 自見 はなこ(参議院議員/小児科医)

18:25-18:55 基調講演2「こどものメンタルへルスを育む社会に必要な視点~ライフコースアプローチ~」
 神尾 陽子(お茶の水女子大学 人間発達教育科学研究所 人間発達基礎研究部門 客員教授)

19:00-20:00 パネルディスカッション「こどものメンタルへルス教育とサポートシステムの構築~ライフコースアプローチで考える~」
パネリスト:
 石川 信一(同志社大学 心理学部 教授)
 小塩 靖崇(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 常勤研究員)
 蟹江 絢子(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 客員研究員/株式会社ジョリーグッド 上級医療統括顧問)
 児島 正樹(厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部 精神・障害保健課 精神医療専門官)
 神尾 陽子

モデレーター:
 吉村 英里(日本医療政策機構 シニアマネージャー)

イベント一覧に戻る
PageTop