活動報告 調査・提言

【調査報告】2016年 日本の医療に関する世論調査」

【調査報告】2016年 日本の医療に関する世論調査」

日本医療政策機構は、国民が求める医療や医療政策課題等に関する国民の意識・意見を把握するため、2006年から世論調査を実施してきました。
2016年は、当初から継続的に調査を行ってきた、医療・医療制度に対する満足度や、医療関係者・組織に対する信頼度に加え、昨今話題となっている高額な医薬品・医療行為についても調査を行いました。

 

 

 

 

 

調査結果のポイント(概要)

  • 高額医薬品に対する保険適用7割賛成— 一方で何らかの制限が必要との声も多数
  • 薬剤師、信頼度83%-医療界トップ、幅広い世代から高い信頼
  • 政府への信頼改善-厚生労働省の信頼度15ポイント上昇

調査結果から浮かび上がる日本の医療政策「今後の論点」
今回の調査結果から、医療の持続可能性を議論するための論点として、以下が指摘できると分析しました。

  • 国民が医療制度の決定プロセス十分に参画できる仕組みや、国民が納得する負担の仕組みをどう実現するか
  • テクノロジーの発展による新薬・治療行為の保険適用と、限られた公的財源とのバランスをどのようにとっていくべきか

詳しくは、当ページのPDFファイルをご覧ください。

調査・提言一覧に戻る
PageTop