活動報告 記事・講演・報道

日本医療政策機構、世界の健康政策シンクタンクランキングで15位に

日本医療政策機構、世界の健康政策シンクタンクランキングで15位に
日本医療政策機構は2012年1月にペンシルバニア大学が発表した「世界のシンクタンクランキング – The Global “Go-To Think Tanks”」健康政策部門において15位にランクインしました。1位ハーバード公衆衛生大学院健康政策経営学部、2位ブルッキングス研究所、3位アメリカンエンタープライズ公共政策研究所など米国シンクタンクが上位を占める中で、機構は3年連続でランキング入りしました。

この調査は米国ペンシルバニア大学市民社会プログラム(Civil Societies Program)のジェームス・マクガン教授等により始められ、約1,500人の学者、政策立案者、ジャーナリストまた地域の専門家による調査に基づいています。今回の発表は5度目となり、2011年は182カ国6,545機関を対象として調査が行われました。健康政策部門でのランキングは下記をご参照ください。

「Top 15 Health Policy Think Tanks」

1. Department of Health Policy and Management, Harvard School of Public Health –
United States
2. Brookings Institutions – United States
3. American Enterprise Institute for Public Policy Research (AEI) –
United States
4. RAND Corporation – United States
5. Urban Institute – United States
6. Cato Institute – United States
7. Bloomberg School of Public Health Research Centers (JHSPH) – United States
8. Kaiser Permanente Institute for Health Policy (KPIHP) – United States
9. Fraser Institute – Canada
10. Council on Foreign Relations Global Health Program – United States
11. Civitas – United States
12. Center for Global Development (CGD) – United States
13. National Bureau for Economic Research (NBER) – United States
14. African Population and Health Research Center (APHRC) – Kenya
15. Health and Global Policy Institute (HGPI) – Japan

■The Leading Public Policy Research Organizations In The World(英語ページのみ/P46に掲載)
記事・講演・報道一覧に戻る
PageTop