活動報告 イベント

【申込終了】第80回定例朝食会「社会で支える令和時代の子育て~社会に求められる価値変革とは~」(2019年9月11日)

【申込終了】第80回定例朝食会「社会で支える令和時代の子育て~社会に求められる価値変革とは~」(2019年9月11日)

当機構では、近年、重要なアジェンダの一つとして「女性の健康」に関する調査・提言を行ってまいりました。
2018年に実施した働く女性を対象にした調査研究では、女性の健康管理の重要性と妊娠や出産に関する課題を明らかにし、今年度も女性の健康対策促進に向けた活動を実施しています。
日本は世界に先駆けて少子高齢化が進み、今後も核家族世帯や単独世帯の増加が予想されています。人口動態や家族形態が変化し多様化する一方で、女性の社会参画が進み、かつさらなる活躍が期待されるなか、就労と育児の両立は家庭のみで完結するものではなくなりつつあります。これからは、制度や仕組みの変革とともに、政府、職場、地域など社会におけるさらなる理解や支援、連携が望まれると考えられます。今回の定例朝食会では、病児保育や特別養子縁組、子供の貧困問題など子育て世代や子供の未来を支援すべく、社会変革に取り組まれている駒崎弘樹氏をお迎えし、会場の皆様と一緒に、現状の課題やこれからの展望について、理解を深めていきたいと思います。

■スピーカー
駒崎 弘樹 氏
■ 日時
2019年9月11日(水)8:00-9:15
■ 場所
EGG JAPAN(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10階)
■ 参加費
・一般:2,500円
・学生(学部生のみ):1,500円(学生証をお持ちください)
※個人賛助会員は無料となります
■ プロフィール
駒崎 弘樹 氏
認定NPO法人フローレンス代表理事。1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2005年日本初の「共済型・訪問型」病児保育を開始。08年「Newsweek」の“世界を変える100人の社会起業家”に選出。10年から待機児童問題解決のため「おうち保育園」開始。のちに小規模認可保育所として政策化。14年、日本初の障害児保育園ヘレンを開園。15年には障害児訪問保育アニーを開始。内閣府「子ども・子育て会議」委員複数の公職を兼任。著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門 』(PHP新書)等。
一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2か月の育児休暇を取得。



お申し込みの締め切りは2019年9月6日(金)10:00とさせていただきます。イベント申し込み時点では確定せず、当機構にて抽選の後、結果を2019年9月6日(金)中にお知らせいたします。個人賛助会員の方は、優先的にご案内いたします。
お申込み後に、申込完了メールが届きます。メールが届かない場合は、お手数ですが当機構事務局まで、メール(info@hgpi.org)またはお電話(03-4243-7156)にてご連絡ください。
キャンセルをされる場合、2019年9月9日(月)12:00までにご連絡ください。これ以降のキャンセルにつきましては、参加費を頂く場合がございます。

イベント一覧に戻る
PageTop