活動報告 イベント

【申込終了】(オンライン開催)日本発のイノベーションに向けた認知症研究開発における産官学民の連携構築 キックオフ専門家会合「認知症疾患修飾薬の開発と普及に向けた課題と展望」(2021年7月12日)

【申込終了】(オンライン開催)日本発のイノベーションに向けた認知症研究開発における産官学民の連携構築 キックオフ専門家会合「認知症疾患修飾薬の開発と普及に向けた課題と展望」(2021年7月12日)

日本医療政策機構(HGPI)では、非営利・独立の医療政策シンクタンクとして、認知症をグローバルレベルの医療政策課題と捉え、世界的な政策推進に向けて取り組みを重ねてまいりました。認知症政策の推進に向けたマルチステークホルダーの連携促進を基盤とし、「グローバルプラットフォームの構築」「当事者視点の重視」「政策課題の整理・発信」を柱として、多様なステークホルダーとの関係を深めながら、活動を行っています。

日本における認知症の人の数は、2012年時点で高齢者の15.0%にあたる462万人であり、2025年には約20%にあたる700万人となると推計されています。2019年6月に策定された認知症施策推進大綱では、認知症の発症や進行機序に関する研究や治療法等の開発、さらには研究開発を促進する基盤整備に関する施策も盛り込まれています。高齢化が進む我が国において、認知症の疾患修飾治療法(DMTs: Disease Modifying Therapies)の研究・開発や普及に向けた体制整備は、共生社会の構築と並ぶ喫緊の課題となっています。

認知症全体の約60%を占めるアルツハイマー型認知症(AD: Alzheimer‘s disease)の治療薬の開発における臨床試験の被検者リクルートに要する期間は、実際の試験期間の2倍から10倍に及ぶと報告されており、これは研究開発の大きな障壁となっていると考えられます。こうした課題に対して、2019年10月に運用が開始された薬剤治験対応コホート(J-TRC)は、認知症を持たない方の認知機能をモニターし、AD予防薬の治験参加者と研究者をつなぐプラットフォーム機能を果たしています。今後は、例えばがん領域で行われているような患者と研究者の連携によるコホートの整備など、他疾患の好事例を踏まえたさらなる体制整備が求められます。2021年3月までに臨床試験下にあるAD治療薬は国内外で28品目あり、1品目はアメリカ、日本、その他各国で、承認審査中となっており、世界初の認知症治療薬の上市への期待が高まっています。しかし、これらの新薬は高額かつ、適応される患者数も相当数に上ることが予想され、その保険収載は医療財政上の大きなチャレンジとなります。また処方にあたり、新薬の臨床適応基準に応じたスクリーニング体制の整備が必要となります。特に超早期の患者を対象とする場合には、標的となるバイオマーカーの検出や早期診断に向けた体制の拡充が不可欠であり、こうした領域にはデジタルテクノロジーの活用に大きな期待が寄せられています。研究開発の環境整備・促進と同時に、近い将来の上市が期待される新しいDMTsの臨床普及に向けた検討を進める必要があります。

こうした観点から、当機構の認知症政策プロジェクトでは今年度「日本発のイノベーションに向けた認知症研究開発における産官学民の連携構築」と題して、日本発のイノベーションの実現に向け、研究開発の促進に向けた産官学民による専門家会合等を開催し、そこで得られた論点や打ち手を整理し、今後の連携促進に向けた政策提言を作成します。本会合は、そのキックオフとして、認知症分野のDMTsの研究開発とその臨床普及に関する課題について、産官学民での議論を通じ、今後必要な打ち手をマルチステークホルダーの視点から考えます。

■お申込:
ZOOMウェビナー登録はこちら

■開催概要

  • 日時: 2021年07月12日(月)17:00-20:00
  • 会場: Zoomを使用したオンライン会議
  • 主催: 日本医療政策機構(HGPI)
  • 共催 東京大学医学部附属病院 早期・探索開発推進室、世界認知症審議会(WDC: The World Dementia Council)
  • 言語: 日英同時通訳
  • 申込方法こちらからご登録ください

■プログラム(敬称略・調整中)※内容や登壇者等、詳細は現時点でのものであり変更の可能性がございます
17:00-17:05 開会・趣旨説明
栗田 駿一郎(日本医療政策機構 マネージャー)

17:05-17:25 基調講演1「日本における認知症研究開発施策の現状と展望」(仮)
田中 稔久(厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課 認知症対策専門官/課長補佐)

17:25-17:55 基調講演2「アカデミアから見た認知症疾患修飾薬の開発と実装に向けた課題と展望」
岩坪 威(東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻基礎神経医学講座 教授/東京大学医学部附属病院 早期・探索開発推進室 室長)

18:00-18:30 基調講演3「WDCの活動と認知症研究開発の国際的な促進に向けて」(仮)
Lenny Shallcross(世界認知症審議会(WDC) Executive Director)

18:40-19:50 パネルディスカッション「認知症疾患修飾薬の開発と普及に向けた課題と展望」
パネリスト:
鈴木 森夫(公益社団法人認知症の人と家族の会 代表理事)
藤田 和子(一般社団法人日本認知症本人ワーキンググループ 代表理事)
岩坪 威
田中 稔久
Fiona Carragher(英国アルツハイマー病協会(Alzheimer’s Society)Director of Research and Influencing)

モデレーター:
乗竹 亮治(日本医療政策機構 理事/事務局長)

19:50-20:00 閉会の辞
黒川 清(日本医療政策機構 代表理事/世界認知症審議会(WDC) 委員・副議長)

イベント一覧に戻る
PageTop