活動報告 イベント

【申込終了】イブニング・セミナー「遠隔医療・オンライン診療への期待-今後のあるべき姿-」(2018年9月26日)

【申込終了】イブニング・セミナー「遠隔医療・オンライン診療への期待-今後のあるべき姿-」(2018年9月26日)

本イベントの申し込み受付は締め切りました

持続可能な保健医療を実現するため、新たなテクノロジーやイノベーション(「ヘルステクノロジー」)を医療の現場の生産性向上やより効果的・効率的に医療制度設計に活かす動きが、世界各国で推進されています。我が国でも、医療ICT、特に遠隔医療・オンライン診療については今年の診療報酬改定において新たな評価項目が新設され、さらにはその適切な実施に関する指針が策定されました。また、今年6月に閣議決定された経済財政運営と改革の基本方針2018(骨太の方針2018)においても、服薬指導を含めたオンライン医療全体の充実に向けて、2020年以降の診療報酬改定における有効性・安全性を踏まえた評価なども含め、さらなる前進を目指すことが明記されました。

こうした遠隔医療・オンライン診療を巡る大きな動きがある中、今後どのような形で国民に遠隔医療・オンライン診療が普及していくのか、その期待が急速に高まっています。 そこで、本イブニング・セミナーでは今まさに遠隔医療・オンライン診療と日々向き合い、推進に向けてご活躍されている方々による事例報告、ディスカッションを通して、遠隔医療・オンライン診療が今なぜ必要なのか、そのあるべき姿を明らかにしていきます。

■ 日時
2018年9月26日(水)19:00-20:30(開場:18:30)

■ 会場
大手町サンケイプラザ3階 312号室(東京都千代田区大手町1-7-2

■ プログラム(敬称略・順不同)
19:00-19:05 開会の辞
・黒川 (特定非営利活動法人 日本医療政策機構 代表理事)

19:05-19:35 オンライン診療事例報告
・小野 卓哉(医療法人社団 桃医会 小野内科診療所 院長)
・内田 直樹(医療法人すずらん会 たろうクリニック院長)

19:35-20:15 ディスカッション
・武藤 真祐(株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役会長 )
・長谷川 高志(一般社団法人日本遠隔医療学会常務理事)
・佐藤 大介(国立保健医療科学院 保健医療経済評価研究センター主任研究官 )
・市川 (日本放送協会 制作局 第1制作センター科学・環境番組部ディレクター)(モデレーター)

20:15-20:30 質疑応答
※内容や登壇者等、詳細は現時点でのものであり変更の可能性がございます。

■ 参加費
・一般: 2,000円
・学生(学部生のみ):500円(学生証をお持ちください)
※個人賛助会員は無料となりますが、お申し込みは必要です。

■ 参加予定者
医療従事者、学術関係者、患者団体、メディアなど(60名程度)


お申し込みの締め切りは9月18日(火)10:00とさせていただきます。イベント申し込み時点では確定せず、当機構にて抽選の後、結果を9月19日(水)中にお知らせいたします。
お申込み後に、申込完了メールが届きます。メールが届かない場合は、お手数ですが当機構事務局までご連絡ください。
キャンセルをされる場合、2018年9月21日(金)までにご連絡ください。これ以降のキャンセルにつきましては、参加費を頂く場合がございます。

イベント一覧に戻る
PageTop