ニュース&トピックス

(申込終了)定例朝食会特別編 ヘルステクノロジー政策アクションシリーズ第4回「患者・国民を中心とした保健医療情報のあり方」

2016-11-17

(申込終了)定例朝食会特別編 ヘルステクノロジー政策アクションシリーズ第4回「患者・国民を中心とした保健医療情報のあり方」>>

 

本イベントの申し込み受付は締め切りました。今回の朝食会では、慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 宮田裕章氏をお招きし、「患者・国民を中心とした保健医療情報のあり方」をテーマとし開催いたします。■ス...続きを読む

No Image

2016-11-07

(申込終了)医薬品アクセス向上のためのグローバル専門家会合「日本のリーダーシップと日本による貢献の発信戦略」(2016年11月24日)>>

 

医薬品アクセス向上のためのグローバル専門家会合 「日本のリーダーシップと日本による貢献の発信戦略」新興国では必要な医薬品や医療サービスが、必要としている人々に届かないという医薬品アクセス(Access...続きを読む

No Image

2016-11-04

(論文発表)「福島の原子力発電所員のメンタルヘルスにおいて被災体験と社会的批判が与える長期的影響」が国際学術誌に掲載>>

 

当機構シニアアソシエイト谷所由紀子(研究当時)、フェロー窪田和巳が、防衛医科大学校精神科学講座重村淳准教授らによる研究チームと執筆した論文「福島の原子力発電所員のメンタルヘルスにおいて被災体験と社会的...続きを読む

全て表示する

活動領域 | 日本医療政策機構は、次の領域で活動しております

医療政策

- 医療政策における変革の原動力となる -

日本における現在・中長期的に課題となる医療政策について、幅広い観点から新しいアイディアや価値観、実現可能な解決策を示し、社会に政策の選択肢を提示することで、国内外において変革を促す原動力になることを目指します。

グローバル・ヘルス・ポリシー・センター

- 地球規模の問題に取り組む-

国際保健分野に関する政策決定に関して意識や関心を高めるとともに、調査研究を行います。また、グローバル・ヘルス分野を通して社会が抱える課題解決への意識を高め、国際社会で活動する人材を増やすことを目指します。