日本医療政策機構とは HGPIを支えるプロフェッショナルたち

小野崎 耕平Kohei Onozaki

日本医療政策機構 理事

1969年三重県生まれ。米医療品企業ジョンソン・エンド・ジョンソン勤務を経て、ロータリー財団国際奨学生として渡米。帰国後、2007年に日本医療政策機構(HGPI)に参画。医療政策担当ディレクター、事務局長代行として政策提言や政策研究に従事。その後、英製薬企業アストラゼネカ執行役員コーポレートアフェアーズ本部長(法務・広報・政策担当)を経て、2014年よりHGPI理事。米ハーバード公衆衛生大学院理学修士課程修了(MS、医療政策)。
政府においては、厚生労働省保健医療政策担当参与のほか、同省子どもの医療制度等に関する検討会構成員、厚生労働大臣の私的懇談会「保健医療2035策定懇談会」事務局長などを歴任した他、複数の非営利組織のガバナンスや組織マネジメントを支援。医療政策、ヘルスケア産業に関する講演・論文等多数。

PageTop