日本医療政策機構とは HGPIを支えるプロフェッショナルたち

黒川 清Kiyoshi Kurokawa

日本医療政策機構 代表理事

東京大学医学部卒。1969年渡米、1979年UCLA内科教授。1983年帰国後、東京大学内科教授、東海大学医学部長、日本学術会議会長、内閣府総合科学技術会議議員(2003-2007年)、内閣 特別顧問(2006-2008年)、世界保健機関(WHO: World Health Organization)コミッショナー(2005-2009年)などを歴任。国会福島原発事故調査委員会委員長(2011年12月-2012年7月)、 公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund: Global Health Innovative Technology Fund)のChair and Representative Director(2013年1月-2018年6月)。現在、内閣官房健康・医療戦略室健康・医療戦略参与、マサチューセッツ工科大学客員研究員、世界認知症協議会(WDC: World Dementia Council)メンバー、ハーバード公衆衛生大学院 John B. Little(JBL)Center for Radiation Sciences 国際アドバイザリーボードメンバー、政策研究大学院大学名誉教授、東京大学名誉教授。 

PageTop