日本医療政策機構とは HGPIを支えるプロフェッショナルたち

栗田 駿一郎Shunichiro Kurita

日本医療政策機構 マネージャー

横浜市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、東京海上日動火災保険株式会社に入社し、自動車損害サービス部門などに従事した。その後、自身の祖母が認知症であったことから、かねてより認知症政策に強い問題意識を持っており、日本医療政策機構(HGPI)に参画した。HGPIでは、認知症政策の他、メンタルヘルス政策プロジェクト、子どもの健康プロジェクトなどを担当している。また、外部向けセミナーの企画運営や立法府とのコミュニケーションも担当している。在職中に、早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻を修了(MPM: Master of Public Management)。専門は、公共政策・地方自治。

その他、愛知県の認知症政策ビジョン「オレンジタウン構想」プロジェクトチームワーキンググループ委員(2017)、浦安市「認知症条例 制定にかかる懇話会」委員(2021)など外部への委員参画、企業・学会等での講演、メディアでの発信等も行っている。

また、これまで東京医科歯科大学大学院非常勤講師、田園調布学園大学兼任講師をはじめ、大学等での公共政策・医療政策に関する講義も多数。

PageTop