日本医療政策機構とは HGPIを支えるプロフェッショナルたち

窪田 和巳Kazumi Kubota

日本医療政策機構 フェロー

武蔵野赤十字病院病棟看護師、日本看護連盟幹事、衆議院議員秘書等を経て2012年に日本医療政策機構に参画。慢性閉塞性肺疾患(COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)の社会経済的負担・働く女性の健康増進をテーマにした政策調査、非感染性疾患(NCDs: Non-Communicable Diseases)対策、認知症対策、東日本大震災復興支援関連プロジェクト等を担当。また、20年後の保健医療のあり方を検討する、厚生労働省の「保健医療2035」策定懇談会の民間側事務局にて、政策提言の策定に従事。
2015年より、横浜市立大学医学部臨床統計学教室に着任。現在は医療ビックデータを用いた分析、医療経済分野の教育研究等に従事。名古屋市立大学看護学部、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(博士(保健学))。看護師、保健師、国会議員政策担当秘書資格取得。

PageTop