日本医療政策機構とは HGPIを支えるプロフェッショナルたち

菅原 丈二Joji Sugawara

日本医療政策機構 アソシエイト

中央大学総合政策学部卒業。在学中は政治学、国際協力学、環境学を学び、東ティモールやミャンマーにおける公衆衛生関連のフィールドワークも経験するとともに、国際保健医療学会学生部会(jaih-s: Japan Association for International Health – Student Section)に所属。参議院議員武見敬三氏事務所及びNPO法人医療の質に関する研究会でのインターンや、アジア人口・開発協会(APDA: The Asian Population and Development Association)事務局としての国際会議運営等を通じ、グローバルレベルで政策を議論する重要性を感じるとともに、政策の意思決定プロセスに興味を持つようになる。2015年東京大学医学系研究科国際保健政策学教室主催のGHEプログラム(Global Health Entrepreneurship Program)修了後、2016年10月より日本医療政策機構に参画。医薬品アクセス、医療技術評価(HTA: Health Technology Assessment)、薬剤耐性(AMR: Antimicrobial Resistance)をテーマとしたグローバル専門家会合の企画実行に携わるほか、G-HEP(Global Health Education Program)や医療政策アカデミーといった、医療政策人材の養成プログラムを担当。オーストラリア クイーンズランド大学公衆衛生大学院修士課程国際公衆衛生学コース(MIPH: Master of International Public Health)在学中。

PageTop