日本医療政策機構とは HGPIを支えるプロフェッショナルたち

菅原 丈二Joji Sugawara

日本医療政策機構 副事務局長
  • LinkedIn

宮城県仙台市生まれ。中央大学総合政策学部卒業、クイーンズランド大学大学院国際公衆衛生グラデュエート・ディプロマ取得。NPO法人医療の質に関する研究会や、アジア人口・開発協会(APDA)で2016年伊勢志摩サミットに向けた世界人口開発議員会議(GCPPD2016)を通じ、国内の医療政策や立場を超えてグローバルレベルで政策対話や立法府のメンバー間で議論する重要性を感じるとともに、政策の意思決定プロセスに興味を持つようになる。2015年東京大学国際保健政策学教室によるグローバルヘルス・アントレプレナーシッププログラム修了後、2016年10月より日本医療政策機構に参画。医薬品アクセス、医療技術評価(HTA)、薬剤耐性(AMR)をに携わり、グローバルヘルス・エデュケーションプログラム(G-HEP)や医療政策アカデミーといった、医療政策人材の養成プログラムを担当する。現在は、気候変動、生物多様性の喪失、汚染の関係に取り組むプラネタリーヘルスプロジェクトを立ち上げおよびその実施を担当するとともに経営企画、組織運営、広報事業、そして資金集めなどの業務などに従事。また、アジア人口・開発協会(APDA)の評議員、プラネタリーヘルスアライアンス日本ハブの委員、日本顧みられない熱帯病連合(JAGntd)のアドバイザー、参議院議員のアドバイザー、米国国務省のインターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム(IVLP)のアラムナイ。

PageTop