HOME > 活動報告 - 記事・報道 > (発表報告)世界認知症審議会(WDC: World Dementia Council)より発表の、認知症のケアとサポートの重要性に関する声明「Global Care Statement」の日本語訳を作成しました(2017年7月20日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(発表報告)世界認知症審議会(WDC: World Dementia Council)より発表の、認知症のケアとサポートの重要性に関する声明「Global Care Statement」の日本語訳を作成しました(2017年7月20日)

日時2017-07-20

(発表報告)世界認知症審議会(WDC: World Dementia Council)より発表の、認知症のケアとサポートの重要性に関する声明「Global Care Statement」の日本語訳を作成しました(2017年7月20日)

日本医療政策機構では、認知症に関する国際的な専門家のネットワークである世界認知症審議会(WDC: World Dementia Council)が発表した、認知症のケアとサポートの重要性に関する声明である「World Dementia Council Global Care Statement -Statement on Importance of Care and Support-」の日本語訳を、世界認知症ヤングリーダーズ(WYLD: The World Young Leaders in Dementia in Japan)の日本メンバーと連携して作成いたしました。

このグローバル・ケア声明は、認知症の人やその家族、友人、介護者など、認知症に関わる全ての人々にとって、認知症と向き合う上で大切なポイントをまとめたもので、日本における普及、啓発が期待されます。詳細は添付の資料をご確認ください

日本語訳の完成については、直近ロンドンで行われたWDC会議(2017年7月20日~21日開催)でも報告されました。

 
 

ページトップへ

記事・報道一覧に戻る