活動報告 イベント

【申込終了】連続フォーラム 第3回:国民の理解~費用対効果評価が国民に与える影響や、これまでの議論に対する国民理解の促進~

日本医療政策機構では、5月31日(木)に開催したプレ会合「医療システムの持続可能性とイノベーションの両立 シリーズ~試行的導入から見えてきた費用対効果評価導入への課題~」の議論をもとに、2018年度に更なる議論が求められる3つの論点(技術的な課題制度化に向けた課題、国民の理解)を取りまとめ、それらをテーマとした連続フォーラムを実施しております。


この度、下記のとおり「連続フォーラム 第3回:国民の理解~費用対効果評価が国民に与える影響や、これまでの議論に対する国民理解の促進~」を開催いたします。

 

日時: 2018年11月12日(月)16:30-18:30(開場:16:15)

会場: Global Business Hub Tokyoフィールド・スペース(東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブGBHT 3F)

主催: 特定非営利活動法人 日本医療政策機構(HGPI)

形式: 国内外を代表する有識者約20名によるラウンドテーブル

参加予定者: 政策立案者、関連省庁関係者、学識関係者、企業関係者など(20名程度)


プログラム案:※内容は現時点でのものであり変更の可能性がございます

16:15          開場

16:30   開会(趣旨説明)

16:35   費用対効果評価が国民に与える影響や、これまでの議論に対する国民理解の促進などについて

18:30   閉会

イベント一覧に戻る
PageTop