活動報告 非公開

【申込終了】AMR Alliance Japan設立記念 グローバル専門家会合

毎年、世界中で少なくとも約70万人もの人が薬剤耐性(AMR: Antimicrobial Resistance)により死亡しています。
このような状況を踏まえて、2015年5月に世界保健機関(WHO)総会で採択された「薬剤耐性(AMR)に関するグローバル・アクション・プラン」をもとに、各国は自国の行動計画に基づいて対策強化に取り組んでいます。さらに、諸外国では実効性をもってAMR対策を推進するためにアライアンス設立の動きがあります。このような国際連携のモメンタムを維持すべく、2019年6月に大阪にて開催されるG20日本開催でも、AMR対策のアジェンダ化も期待されています。

わが国においては、医療機関でのAMR問題の拡大に加えて、医療機関外での市中感染型の薬剤耐性感染症が増加しており、2016年4月に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」が制定され、AMR対策を推進しています。

こうした国内外の流れを受け、当機構は2016年からAMRに関する専門家会合をこれまでに3回開催してきました。
第1回目の会合では、「AMRの世界的脅威と日本が果たすべき役割」について、産官学民を巻き込んだ政策議論を実施し、第2回では「AMR政策の進展に向けた7つの提言」を策定しました。さらに、第3回は世界抗菌薬啓発週間に合わせ、アクションプラン推進に向けて国内で取るべき具体的な課題とその施策について、産官学民で議論を重ね、論点を抽出しました。


このようにAMR対策の推進には、産官学民などの多分野が協働し、連携を深めるうえでの、中立的なプラットフォームの設立が必要です。さらには、G20におけるAMR対策のアジェンダ化を見据えて、関係ステークホルダーの連携を促進するプラットフォーム機能や事務局機能として、「AMR Alliance Japan」を設置し、AMR政策の進展と対策の具体的な実施に寄与していきます。

今年9月には、3回にわたるグローバル専門家会合で抽出された論点をもとに、AMR政策のさらなる進展と対策の具体的な実施につなげるためキックオフ・ミーティング「「AMR Alliance Japan」設立ビジョンの設定に向けた課題整理」を開催し、AMR Alliance Japan設立に向け、ビジョンを描いていく上での課題を整理しました。

本専門家会合では、キックオフ・ミーティングにおいて抽出された以下の論点を踏まえ、AMR Alliance Japan が今後活動していく中で、必要となる具体的な取組み(迅速診断を促進するための診療報酬体系の見直し、医療従事者と国民を対象とした抗菌薬適正使用啓発資材の作成、サーベイランス・データを収集するレポジトリの構築、日本版創薬コンソーシアムの構築、日本における抗菌薬開発を促進するために必要なインセンティブ・メカニズムの創設)について、産官学民を巻き込んで議論を行います。

また、議論の結果を開催後にとりまとめ、AMR Alliance Japanが打ち出すべき政策提言を整理し、主要ステークホルダーに発信します。

【キックオフ・ミーティングにおいて抽出された主な論点】
・医療現場における迅速診断促進に向けた診療報酬体系の見直しが必要である
・医師や薬剤師を含む医療従事者と国民双方に対する抗菌薬適正使用に関する教育が必要である
・外来や介護現場における情報も含めたより精度の高いサーベイランスシステムの構築が必要である
・企業が抗菌薬の研究開発に取り組めるように、抗菌薬使用に関してデータを蓄積し、日本版創薬コンソーシアムの構築が必要である
・日本における抗菌薬開発を促進するために必要なインセンティブについて具体的にどのような仕組みを日本に導入することがきるのか議論することが必要である

日時:2018年11月8日(木)14:00-16:40(開場:13:40)(レセプション:16:45)

会場:国際文化会館岩崎小彌太記念ホール(東京都港区六本木5-11-16)

主催:特定非営利活動法人 日本医療政策機構

参加予定者: 政策立案者、有識者、海外有識者、関連省庁関係者など(招待制/100名程度)

詳細に関しましては、プログラム(案)をご参照ください。

PageTop