活動報告 記事・講演・報道

【講演告知】超高齢社会の課題を解決する国際会議(Day1: The 3rd Nikkei Super Active Ageing Society Conference)(2021年11月15日 )

【講演告知】超高齢社会の課題を解決する国際会議(Day1: The 3rd Nikkei Super Active Ageing Society Conference)(2021年11月15日 )

日本医療政策機構代表理事 黒川清と理事・事務局長/CEO 乗竹亮治が、「超高齢社会の課題を解決する国際会議(Day1: The 3rd Nikkei Super Active Ageing Society Conference)」へ登壇します。

本会議は“超高齢化”という社会課題に対し、世界の産学官の第一人者が専門的な知見をもとに議論を交わし、よりアクティブな高齢化社会の実現に向けた道筋を探ることを目的としており、当機構も企画協力を行っています。


【開催概要】
Day1:The 3rd Nikkei Super Active Ageing Society Conference
日時:2021年11月15日(月)9:00-18:00(予定)
会場:イイノホール
言語:日本語、英語(同時通訳あり)
聴講料:無料
主催:日本経済新聞社、経済産業省
協賛:アムジェン株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社、株式会社MTG
後援(予定):厚生労働省、金融庁、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局、環太平洋大学協会 (APRU)、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)
メディアパートナー:フィナンシャル ・タイムズ
企画協力:日本医療政策機構
参加方法:本会議は事前申し込み制で、ライブ配信聴講または会場聴講のいずれかでお申し込みいただけます。


【登壇予定】

黒川:「総括セッション」パネリスト
乗竹:「パネルセッション③:社会参加」モデレーター

詳細・お申込みは日経イベント&セミナーウェブサイトより

記事・講演・報道一覧に戻る
PageTop