活動報告 イベント

【申込受付中】(オンライン開催)当事者による当事者のための「Our Views, Our Voicesワークショップ」を知ろう!(2021年4月26日)

【申込受付中】(オンライン開催)当事者による当事者のための「Our Views, Our Voicesワークショップ」を知ろう!(2021年4月26日)

昨今、医療政策の策定プロセスへの患者・当事者参画のニーズが高まってきています。
その一方で、患者や当事者の声が適切に反映されていない、またどのように声を届ければ良いか患者や当事者の学ぶ機会が少ないといった課題も上がっているのが現状です。

このような状況を踏まえ、当機構が事務局を務めるNCDアライアンス・ジャパン一般社団法人ピーペックが共催で、患者や当事者のアドボカシー能力の強化を図ることを目的とした「日本版Our Views, Our Voicesワークショップ」を2019年より企画・開催してまいりました。本ワークショップは、世界中の非感染性疾患(NCDs:Non-communicable diseases)[1]を持つ当事者の声により創られた世界基準のワークショップです。医療やNCDsに関する基本的な知識を学んだ上で、当事者の代弁者として自分自身の経験を効果的に発信し、戦略的に課題を解決していく手法を習得するための様々なプログラムによって構成されています。

 

 

この度、疾患横断で様々なステークホルダーと連携し、政策提言や調査研究を行うNCDアライアンス・ジャパンと、当事者主体で病気をもつ人の支援を行う一般社団法人ピーペックが協働し、疾患横断かつ当事者主体のNCDs当事者のエンパワーメント支援として、「日本版Our Views, Our Voicesワークショップ」の広報イベントを開催することといたしました。

本イベントでは、ワークショップの概要、当事者が声をあげることの意義、疾患横断でつながることの重要性を、受講した方の生の声と共にご紹介します。皆様のご参加をお待ちしております。


本イベントはNCDs当事者の方やNCDs当事者を支援されている方(ご家族やケアラー等)、かつ下記のいずれかに当てはまる方を対象としています

  具体的な課題(政策課題)を持っており、それを解決したい方
  想いに戦略を加え、論理的な話し方を学びたい方
  現在、患者団体・患者会等で活動されており、課題解決の手法を体系的に学びたい方
  政策提言に興味がある方
  Our Views, Our VoicesNCDアライアンス・ジャパンの取り組みに興味がある方


■お申込:

ご登録はこちら


■日時:
2021年4月26日(月)19:00-21:10


■プログラム:

19:00 開会
19:00~19:40  Our Views, Our Voicesワークショップの紹介、デモンストレーション
19:40~20:00   受講生の声
20:00~20:05 休憩
20:05~20:20 質疑応答
20:20~21:30   閉会挨拶
20:30~20:35  休憩・交流会参加希望者はミーティングルームへ移動
20:35~21:10 交流会(希望者のみ)
21:10  交流会終了予定

 

■スピーカー:※敬称略・順不同
池崎 悠(一般社団法人 ピーペック事務局/難病NET. RDing福岡 代表)
新井 美子(難病カフェおむすび 代表)
和田 芽衣(ニモカカクラブ 代表)


■参加方法:
Zoomウェビナー形式
終了後にミーティング形式での交流会を実施いたします。


■参加費:
無料


■使用言語:
日本語


■定員:
80名

 

■実施主体:
主催 特定非営利活動法人 日本医療政策機構(NCDアライアンス・ジャパン事務局)
共催 一般社団法人 ピーペック

 

■NCD AllianceとNCDアライアンス・ジャパンについて
NCD Allianceとは、国際糖尿病連盟、国際対がん連合、世界心臓連盟、国際結核・肺疾患連合の4つの国際連盟によって2009年に発足しました。現在は、約2000の市民団体・学術集団が約170か国で展開するNCDs対策のための協働プラットフォームであり、「NCDsによって引き起こされる、予防可能な苦痛、障害、死をなくすこと」をミッションに活動しています。NCDアライアンス・ジャパンは、2013年よりNCD Allianceの日本窓口として、マルチステークホルダーがフラットに議論できる場を提供し、NCDs対策において市民社会が果たす役割の重要性を国内外に発信しています。
 

■Our Views, Our Voices(OVOV)ワークショップについて
OVOVワークショップとは、NCD AllianceがNCDsと共に生きる人びとを対象に実施している当事者のアドボカシー能力を強化するためワークショップです。NCDsに関する現状や課題、政策をグローバルな視点で理解を深めた上で、当事者が自身の経験をどのように発信し、よりインパクトのあるアドボカシー活動へと展開させていくための戦略的な手法について、グループワークや実践を通して学ぶ構成になっています。2018年より、各国のNCDアライアンスの代表を対象にトレーナー養成ワークショップが実施され、各国での展開が期待されています。
日本では2019年より開催しています(2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響により中止)。

 

[1] 非感染性疾患(NCDs)とは、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患・メンタルヘルスをはじめとする慢性疾患をまとめて総称したものです。NCDsは世界の全死亡における最大の死因であり、日本においても喫緊の課題となっています。これら、NCDs対策を促進し、さらにはより良い医療政策の実現に向けて、医療機関や政府のみならず、民間企業や研究機関、市民社会といった様々な立場の人びとや団体の協働は不可欠となっています。

イベント一覧に戻る
PageTop