活動報告 イベント

【申込終了】第二部「マルチステークホルダーで考える日本のメンタルヘルス政策 次の打ち手」「国際潮流と日本のメンタルヘルス政策」グローバル専門家会合(2019年12月18日)

国際潮流と日本のメンタルヘルス政策 グローバル専門家会合
第二部「マルチステークホルダーで考える日本のメンタルヘルス政策 次の打ち手」

 

※応募者多数のため、申込受付を終了いたしました。

日時:2019年12月18日(水)13:30-17:00(開場:13:00)

会場:国際文化会館 岩崎小弥太ホール(東京都港区六本木5‐11‐16)

共催:日本医療政策機構(HGPI)、京都大学大学院 医学研究科 先端国際精神医学講座

協力: ジョンズホプキンス大学

参加予定者: 医療政策専門家、医療従事者、省庁関係者、企業関係者、当事者など(80名程度)

参加費用:ご招待(会場までの交通費はご負担ください)参加登録:ご出席いただける際は、恐れ入りますが201912月15日(日)迄に、下記フォームよりお申込みいただきますようお願い申し上げます

*第一部もお申込みされる場合は、お手数ですがそれぞれご登録をお願い致します。
https://hgpi.org/events/mh2019-1a.html

プログラム: (順不同・敬称略)※内容や登壇者等、詳細は現時点でのものであり変更の可能性があります
13:00 開場

13:30-13:35      開会の辞

黒川 清(日本医療政策機構 代表理事)

13:35-13:55     基調講演1「日本のメンタルヘルス政策の現状」

佐々木 孝治(厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 精神・障害保健課 課長)

14:00-14:30 基調講演2「自分のままで生きられる、生きる楽しみをちょっとずつ分け合える社会」

小林 圭吾(メンタルヘルス当事者)

14:40-15:45 パネルディスカッション1「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの推進に向けて―多職種連携とライフコースアプローチの両立―」

パネリスト:
田村 千秋(YPS横浜ピアスタッフ協会)

神尾 陽子(お茶の水女子大学 人間発達教育科学研究所 人間発達基礎研究部門 客員教授)

澤 明 (京都大学大学院 医学研究科 先端国際精神医学講座、The Johns Hopkins University、School of Medicine、The Johns Hopkins University Bloomberg School of Public Health、The Johns Hopkins Schizophrenia Center、The Johns Hopkins Hospital)

水野 雅文(東邦大学 医学部 精神神経医学講座 主任教授)

石井 知行(公益社団法人日本精神科病院協会 理事)

迫井 正深(厚生労働省 審議官)

杉浦 寛奈(日本医療政策機構 リサーチフェロー)

モデレーター:
乗竹 亮治(日本医療政策機構 理事/事務局長・CEO)

15:55-16:50 パネルディスカッション2「メンタルヘルス政策における当事者参画の課題と展望」

パネリスト:
小幡 恭弘(公益社団法人 全国精神保健福祉会(みんなねっと)事務局長)

宇田川 健(特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構 共同代表)

北中 淳子(慶應義塾大学 文学部 教授)

Yukiko Lema (Clinical Research Program Manager, The Johns Hopkins Schizophrenia Center)

モデレーター:
栗田 駿一郎(日本医療政策機構 シニアアソシエイト)

16:50-17:00 閉会の辞

自見はなこ(参議院議員、厚生労働大臣政務官)

イベント一覧に戻る
PageTop