活動報告 イベント

【申込終了】(ハイブリッド開催)第103回HGPIセミナー「2022年の新たなビジョン」(2022年1月21日)

【申込終了】(ハイブリッド開催)第103回HGPIセミナー「2022年の新たなビジョン」(2022年1月21日)

日本医療政策機構(HGPI: Health and Global Policy Institute)は、2004年に設立された非営利、独立、超党派の民間の医療政策シンクタンクです。設立当初より、市民主体の医療政策の実現を掲げ、中立的なシンクタンクとして、幅広いステークホルダーを結集し、政策の選択肢を提供しつづけてきました。
こうした活動は国内外から高い評価を頂いており、米国ペンシルバニア大学のローダー・インスティテュートの「シンクタンクと市民団体プログラム」発表の「世界のシンクタンクランキング報告書(- Global Go To Think Tank Index Report-)」において、「国内医療政策(Domestic Health Policy)」部門で2位、「国際保健政策(Global Health Policy)」部門で3位に選出されております。(2021年2月)

我々の活動の一つとして、医療政策における有識者・専門家に一般の方を対象としてご講演いただく、HGPIセミナーを月に一回の頻度で開催しております。今回は、新年恒例となっている当機構 代表理事 黒川清による「2022年の新たなビジョン」と題したHGPIセミナーを開催いたします。

本セミナーでは、2021年を振り返り、2022年の世界がどのように変化するのか、また私たちはどうあるべきなのか、さらにはこうした大きく変化する世界の中で、シンクタンクの担うべき役割、そしてHGPIが社会に対して果たすべき貢献とは何か、皆様とともに考えていきます。

 


■スピーカー:

黒川 清 (日本医療政策機構 代表理事)

■日時:
2022年1月21日(金)12:00-13:30

■形式:
ハイブリッド形式(会場とオンラインでの参加)

※会場参加のお申込みは締め切りました。オンラインでのご参加は引き続き受け付けておりますので、上記「ご登録はこちら」からお申込みください。

※新型コロナウイルス感染症流行の状況等によって、会場参加受付を中止する可能性がございます。予めご了承ください。

※会場内の感染症対策として、従来の定員を制限するとともに、受付での検温実施、ご来場の皆様に手指アルコール消毒をお願いする他、ご来場の皆様同士のソーシャルディスタンスを確保した会場レイアウト、マイク等の機材消毒を徹底し、皆様が安心安全にご参加いただけるよう配慮いたします。


■会場:
グローバルビジネスハブ東京 Field
(東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F)
会場アクセスはこちら

■定員:
会場:40名(応募多数の場合、抽選)
オンライン:500名

■参加費:
無料

■言語:
日本語のみ

■過去の開催報告
2021年
2020年

■プロフィール:
黒川 清(日本医療政策機構 代表理事)
東京大学医学部卒。1969-84年在米、UCLA医学部内科教授、東京大学医学部内科教授、東海大学医学部長、日本学術会議会長(2003-06年)、内閣府総合科学技術会議議員(03-06年)、内閣特別顧問(06-08年)、WHOコミッショナー(05-09年)などを歴任。国会による東京電力福島原発事故調査委員会委員長(11-12年)、 グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)代表理事・会長(13-18年)、内閣官房健康・医療戦略室健康・医療戦略参与(13-19年)など。

イベント一覧に戻る
PageTop