活動報告 イベント

【申込受付終了】第71回定例朝食会「医療システムの持続可能性とイノベーションの両立に向けて~HTAの課題とその可能性~」(2018年8月22日)

【申込受付終了】第71回定例朝食会「医療システムの持続可能性とイノベーションの両立に向けて~HTAの課題とその可能性~」(2018年8月22日)

本イベントの申し込み受付けは締め切りました

イノベーションと持続可能な保健医療を実現するための、効率的・効果的な医療制度の構築は、日本のみならず世界共通の課題です。医療を適切に評価するための取り組みが各国でなされており、例えば、医療技術評価(HTA: Health Technology Assessment)によって、医療資源の適切な配分が可能になると期待する声もあります。わが国でも、中央社会保険医療協議会(中医協)費用対効果評価専門部会で、2012年度から、HTA導入に向けて議論が重ねられてきました。その結果、中医協は2016年度から費用対効果評価の試行的導入を実施し、2018年度も、今後の本格的導入に向けて、引き続き検討が重ねられる予定となっています。

日本医療政策機構でも2017年より本テーマに関する継続的な会合を開催しており、本年も引き続き当政策分野における公論を促進し広く社会に貢献すべく、マルチステークホルダー結集型の産官学民がフラットに集結し議論を重ねる「『イノベーションと持続可能な医療システム』の両立に向けた連続フォーラム」を企画しております。 

今回の朝食会では、東京大学公共政策大学院特任教授である鎌江伊三夫氏をお招きし、増え続ける社会保障費への対策として検討が進んでいる費用対効果評価の議論について、その課題と可能性についてお話しいただきます。また冒頭には、当機構が取り組むプロジェクトのご紹介もいたします。

■スピーカー
鎌江 伊三夫氏(東京大学公共政策大学院 特任教授)

※開催時間・場所を変更いたしました

■日時

2018年8月22日(水8:15-9:30(開場8:00)

■場所

日本医療政策機構オフィス イベントスペース

大手町フィナンシャルシティグランキューブ3F Global Business Hub Tokyo

(千代田区大手町1-9-2)

https://www.gbh-tokyo.or.jp/access

■参加費
・一般:2,500
・学生(学部生のみ)1,500円(学生証をお持ちください)
※個人賛助会員は無料となります。

■キーワード
医療技術評価、HTA、イノベーション、医療経済

 ■鎌江 伊三夫 氏
東京大学公共政策大学院特任教授として医療政策・技術評価研究ユニットを担当。キヤノングローバル戦略研究所研究主幹を兼務。京都大学工学部・大学院修士(情報工学)卒、神戸大学医学部卒(医師)、ハーバード公衆衛生大学院修士・博士卒(医療意思決定科学の博士号取得の初の日本人)。国際医薬経済学・アウトカム研究学会ISPORや国際医療技術評価学会HTAiの理事、WHOOECDの専門家委員などの国際派として活動中。


※お申し込みの締め切りは2018年8月9日(木)10:00とさせていただきます。イベント申し込み時点では確定せず、当機構にて抽選の後、結果を2018年8月13日(月)中にお知らせいたします。個人賛助会員の方は、優先的にご案内いたします。

※お申込み後に、申込完了メールが届きます。メールが届かない場合は、お手数ですが当機構事務局まで、メール(info@hgpi.org)またはお電話(03-4243-7156)にてご連絡ください。

イベント一覧に戻る
PageTop