活動報告 イベント

【申込終了】AMRアライアンス・ジャパン 緊急フォーラム 抗菌薬の安定供給と抗菌薬市場の危機 ~G20に求められる世界規模での官民パートナーシップ~(2019年10月7日)

AMRアライアンス・ジャパン 緊急フォーラム
抗菌薬の安定供給と抗菌薬市場の危機
~G20に求められる世界規模での官民パートナーシップ~

毎年、世界中で少なくとも約70万人もの人が薬剤耐性(AMR: Antimicrobial Resistance)菌感染症により死亡していると考えられている。このまま対策が取られなければ、2050年には年間死亡者数は1,000万人にまで上昇するとの予測もあり 、世界規模でAMR対策が進められている。AMRアライアンス・ジャパン は、2019年7月に「AMRアライアンス・ジャパン提言 薬剤耐性(AMR)対策に向け日本政府が果たすべき役割」を発表し、抗菌薬の適正使用、安定供給及び開発促進のためのインセンティブ・モデルの策定などの7つのテーマに関する具体策を示した。

AMR対策においては抗菌薬の適正使用が重要となるが、昨今、その前提となる抗菌薬の供給が不安定となり、感染症治療や周術期感染の予防などの基本的な診療行為に問題が生じている。一方で、現在流通している多くの医薬品は世界各国に広がる医薬品製造所に依存している状況であり、一国の努力では医薬品の安定供給の問題には対処できない。さらに、抗菌薬については、市場性や採算予見性の低さゆえ、国内外で市場が崩壊しており、現状のままでは新たな抗菌薬の研究開発はもとより、既存の抗菌薬の安定供給という使命さえ果たすことが難しい。この産業構造を含めた世界共通の危機的状況を打開する糸口を見つけることは、AMR対策の観点からも喫緊の課題である。

首脳レベルでは、2019年6月のG20大阪サミットにおける首脳宣言 において、AMRに対する世界的な取組みであるワン・ヘルス・アプローチに基づく努力を推進すべきという意志が盛り込まれるとともに、「抗菌薬の管理とアクセスを促進するために更なる行動をとるべきである」との認識が共有された。従って、10月に予定されている保健大臣会合において、AMR対策に関する具体的な行動に向けた議論が行われることが期待される。

以上の背景から、AMRアライアンス・ジャパンは、G20保健大臣会合における「抗菌薬の安定供給」及び「抗菌薬開発」に関する迅速な対策に繋がる実効性のある議論を促すことを目的として、本フォーラムを開催する。

 

  • 日時:2019年10月7日(月)15:00-17:05
  • 会場:国際文化会館岩崎小彌太記念ホール(東京都港区六本木5-11-16)
  • 主催:AMRアライアンス・ジャパン/特定非営利活動法人 日本医療政策機構
  • 参加予定者:政策立案者、関連省庁関係者、関連学会関係者、企業関係者、G20関係者など(招待制/80名程度)
  • プログラム(案):(順不同・敬称略・登壇依頼中)

14:40   開場
15:00-15:05 開催趣旨説明

  • 乗竹 良治(特定非営利活動法人 日本医療政策機構 理事・事務局長/CEO)

15:05-15:10 開会の辞 ~AMRアライアンス・ジャパンを代表して~

  • 吉田 正樹(東京慈恵会医科大学 感染制御科 教授)

15:10-15:25 講演1「抗菌薬の安定供給 ―臨床現場の状況と今後への期待―」

  • 松本 哲哉(国際医療福祉大学 医学部感染症学講座 主任教授)

15:25-15:40 講演2「G20を機に考える抗菌薬の供給に関する世界的な動向」

  • 具 芳明(国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 情報・教育支援室長)

15:40-15:50 講演3「AMR対策における最新の世界動向と日本のリーダーシップへの期待」

  • Jeremy Knox(ウェルカムトラスト 薬剤耐性感染症プログラム 政策・アドボカシーリード)

15:55-16:55 パネルディスカッション「薬剤耐性(AMR)の観点から、抗菌薬の安定供給対策を考える」

パネリスト:

  • 日下 英司(厚生労働省 健康局 結核感染症課長)
  • 井上 肇(国立国際医療研究センター 企画戦略局長)
  • 清田 浩(日本化学療法学会 理事長/東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 泌尿器科 教授)
  • 澤田 拓子(塩野義製薬株式会社 取締役副社長)

モデレーター:

  • 柴田 倫人(特定非営利活動法人 日本医療政策機構 シニアアソシエイト)

16:55-17:05 閉会の辞

  • 武見 敬三(参議院議員)

※内容や登壇者等、詳細は現時点でのものであり変更の可能性有 ※同時通訳あり

  • 運用ルール:忌憚なき議論を促進するため、チャタムハウスルール(発言者は不特定とする)を用いて議論を実施する

 

AMRアライアンス・ジャパンについて– – – – – – – – – – – – – –

AMR対策の推進により公衆衛生を向上させることを目的として、国内感染症関連学会、医薬品・医療機器関連企業等が2018年11月に設立した、AMR対策をマルチステークホルダーで議論する独立したプラットフォームである。

構成メンバー(2019 年8月現在):日本化学療法学会、日本感染症学会、日本臨床微生物学会、日本環境感染学会、日本薬学会、日本医療薬学会、日本 TDM 学会、日本医真菌学会、日本小児感染症学会、MSD 株式会社、塩野義製薬株式会社、日本製薬工業協会、日本ベクトン・ディッキンソン株式会社、ファイザー株式会社、知ろう小児医療守ろう子ども達の会及び特定非営利活動法人日本医療政策機構(事務局)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

イベント一覧に戻る
PageTop