HOME > イベント > (申込終了)第69回定例朝食会「世界認知症ヤングリーダーが語る、グローバルレベルの認知症の最新課題と認識~認知症にやさしい地域づくりとは~」(2018年5月31日(木)開催)

日本医療政策機構-今後のイベント

(申込終了)第69回定例朝食会「世界認知症ヤングリーダーが語る、グローバルレベルの認知症の最新課題と認識~認知症にやさしい地域づくりとは~」(2018年5月31日(木)開催)

開催日2018-05-31

(申込終了)第69回定例朝食会「世界認知症ヤングリーダーが語る、グローバルレベルの認知症の最新課題と認識~認知症にやさしい地域づくりとは~」(2018年5月31日(木)開催)


本イベントの申し込み受付は締め切りました。



2013年にロンドンで開催されたG8(現G7)認知症サミットをうけて設立された世界認知症審議会(WDC: World Dementia Council)の第12回会合が、2018年3月、WDCおよび当機構の共催によって開催されました。本会合では、発足以来約5年の活動を振り返る中で今後の活動を加速するための重点分野について協議し、「啓発」「リサーチ」「ケア」「リスク軽減」の4分野にフォーカスしていくことで合意しました。また、WDC会合の開催に合わせて、WDC、日本経済新聞社、Financial Timesそして当機構による「日英認知症会議」も開催され、日英の知見の共有と国際的な認知症研究における産官学の連携体制(PPP)の構築と活用について議論がなされました。

今回の朝食会には、世界認知症ヤングリーダーズ(WDYL:World Dementia Young Leaders)の1人として東京でのWDC会合にも参加され、また、WDC会合サイドイベント「日英認知症会議」にも登壇された、東京都医学総合研究所 主席研究員の中西三春氏をお招きします。認知症対策における世界の現状と認識、世界認知症ヤングリーダーズが使命として掲げる内容や「認知症にやさしい地域づくり」について、現在グローバルで議論されている最新の情報をご紹介いただきます。

世界認知症審議会(WDC: World Dementia Council)とは
WDCは、ロンドンを拠点とし、国際的に活動している独立・非営利の団体で、当機構代表理事の黒川清を含む、世界各国のあらゆるセクターのメンバーが参画しています。世界において認知症対策を促進するための原動力になるべく、国際的なアドボカシー活動、グローバルレベルのリーダーシップおよびネットワークの構築を中心に活動しています。

WDCについての詳細情報
Webサイト: https://www.worlddementiacouncil.org/



■スピーカー
中西 三春氏(東京都医学総合研究所 主席研究員)

■日時
2018年5月31日(木)午前8時00分~午前9時15分 (受付開始は午前7時45分)

■場所
EGG JAPAN (東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10階)

■参加費
・一般:2,500円
・学生:1,500円(学生証をお持ちください)
※個人賛助会員は無料となります。

■キーワード
世界認知症審議会、日英認知症会議、認知症にやさしい地域、グローバル

■中西 三春 氏
東京都医学総合研究所 心の健康プロジェクト 精神保健看護研究室 主任研究員。主に認知症ケアに関する政策研究を実施。 近年は国家の認知症施策に関する国際比較を行っている。 また、2017年8月には東京都委託事業で開発した認知症の行動心理症状に対する在宅での心理社会的ケアプログラムの効果を実証した論文を発表している。 現在、世界認知症ヤングリーダーズの一員として活躍している。


----
※お申し込みの締め切りは5月14日(月)10時00分とさせていただきます。イベント申し込み時点では確定せず、当機構にて抽選の後、結果を5月15日(火)中にお知らせいたします。個人賛助会員の方は、優先的にご案内いたします。
※お申込み後に、申込完了メールが届きます。メールが届かない場合は、お手数ですが当機構事務局までご連絡ください。
※キャンセルをされる場合、5月28日(月)10時00分までにご連絡ください。これ以降のキャンセルにつきましては、参加費を頂く場合がございます。

■お問い合わせ先
日本医療政策機構 事務局
E-Mail: info@hgpi.org


 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る