HOME > 活動報告 - イベントなど > (申込終了)第64回定例朝食会「認知症とともによりよく生きる社会に向けたアクションプラン~VR認知症体験を手がかりに地域包括ケアの行方を考える~」(2017年10月27日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(申込終了)第64回定例朝食会「認知症とともによりよく生きる社会に向けたアクションプラン~VR認知症体験を手がかりに地域包括ケアの行方を考える~」(2017年10月27日)

開催日2017-10-27

(申込終了)第64回定例朝食会「認知症とともによりよく生きる社会に向けたアクションプラン~VR認知症体験を手がかりに地域包括ケアの行方を考える~」(2017年10月27日)

本イベントの申し込み受付は締め切りました。


高齢化の進展に伴い認知症とともに生きる人々は増え続け、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人、約700万人にのぼると見込まれています。2017年7月、認知症に関する国際的な専門家による世界認知症審議会(WDC: World Dementia Council)は、「認知症のケアとサポートの重要性に関する声明」を発表しました(日本語訳:日本医療政策機構)。この声明の中で、ケアは、ケアを受ける本人が中心にある(パーソン・センタードである)べきだと述べられています。パーソン・センタードケアとは、周囲の人々が本人のことをよく知り、心からの人間関係を構築し、維持すること、そして有意義な社会参画の機会など、協力的で文化的理解に基づいた環境を提供することを原則としており、地域社会の理解の重要性が示されています。

このような潮流を踏まえ、世界各国では、認知症の人にやさしいまちづくりを実現するための認知症国家戦略の整備が進められています。また、認知症の人にやさしいまちづくりを考えるためには、認知症に対する正しい理解を広めることが不可欠です。

今回の朝食会では、世界の地域包括ケアの潮流と諸外国の認知症国家戦略、特に認知症の人にやさしいまちづくりの動向に明るく、いち早くイギリスの「認知症アクション・アライアンス(DAA: Dementia Action Alliance)を日本に紹介した、慶應義塾大学 大学院教授堀田聰子氏と、VRを活用した“認知症の一人称体験”事業を実施している社会起業家、株式会社シルバーウッドの下河原忠道氏をお招きします。参加者の皆さんとの議論により、「認知症と共によりよく生きる社会」に対する次のアクションを考えていきます。
※当日は、下河原氏によるVR紹介(体験)も行う予定です。

■スピーカー
堀田 聰子氏(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授)
下河原 忠道氏(株式会社シルバーウッド代表取締役)


■日時
2017年10月27日(金)午前8時00分~午前9時15分 (受付開始は午前7時45分)


■場所
EGG JAPAN (東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10階)


■参加費
・一般:2,500円
・学生:1,500円(学生証をお持ちください)
※個人賛助会員は無料となります。


■キーワード
地域包括ケア、認知症、国家戦略、VR認知症体験


■堀田 聰子氏について
東京大学社会科学研究所特任准教授、ユトレヒト大学客員教授等を経て2017年4月より慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授。専門は人的資源管理・ケア人材政策。博士(国際公共政策)。現在社会保障審議会介護給付費分科会及び福祉部会、新たな支え合い・分かち合いの仕組みの構築に向けた研究会等において委員を務めるほか、医療介護福祉政策研究フォーラム理事・地域包括ケアイノベーションフォーラム事務局・人とまちづくり研究所代表理事等として、より人間的で持続可能なケアと地域づくりに向けた移行の支援及び加速に取組む。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2015リーダー部門入賞。

■下河原 忠道氏について
株式会社シルバーウッド代表取締役,一般財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事.高齢者住まい事業者団体連合会(高住連)幹事.1988年Orange Coast College留学後,2000年株式会社シルバーウッド社設立.薄板軽量形鋼造構造躯体システム開発.特許取得に成功. 同構造の躯体パネル販売開始. 2011年直轄運営によるサービス付き高齢者向け住宅を開設. 現在設計中の計画を含め12棟の高齢者住宅の経営を行う. 2016年VR認知症プロジェクト(認知症の一人称体験)開始. VR認知症体験会参加者は7.000人を越える。


■参考資料・URL
『点滴はもういらない』(ヒポ・サイエンス出版)(共著)

----
※お申し込みの締め切りは10月16日(月)10時00分とさせていただきます。イベント申し込み時点では確定せず、当機構にて抽選の後、結果を10月17日(火)中にお知らせいたします。個人賛助会員の方は、優先的にご案内いたします。
※お申込み後に、申込完了メールが届きます。メールが届かない場合は、お手数ですが当機構事務局までご連絡ください。
※キャンセルをされる場合、10月20日(金)10時00分までにご連絡ください。これ以降のキャンセルにつきましては、参加費を頂く場合がございます。

■お問い合わせ先
日本医療政策機構 事務局
E-Mail: info@hgpi.org

■後援  政策研究大学院大学



 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る