HOME > 活動報告 - イベントなど > (申込終了)第63回定例朝食会「これからの地域保健医療と健康増進政策」(2017年9月6日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(申込終了)第63回定例朝食会「これからの地域保健医療と健康増進政策」(2017年9月6日)

開催日2017-09-06

(申込終了)第63回定例朝食会「これからの地域保健医療と健康増進政策」(2017年9月6日)

地域医療構想の策定や、国民健康保険(国保)運営主体の都道府県への移管準備などを踏まえ、地域における保健医療のあり方や健康増進政策について、関心が高まっています。


今回は、東海大学の教授であり、そして厚生労働省 社会保障審議会 医療保険部会の委員、さらに今後の医師養成の在り方と地域医療に関する検討会の委員でもある堀真奈美氏をお招きします。地域における保健医療のあり方、健康増進政策について、東海大学に新設予定の健康学部構想や、その地域保健医療で果たすべき役割や貢献などについてご講演いただきます。

■スピーカー
堀 真奈美氏(東海大学 教授)

■日時
2017年9月6日(水)午前8時00分~午前9時15分 (受付開始は午前7時45分)

■場所
EGG JAPAN (東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10階)

■参加費
・一般:2,500円
・学生:1,500円(学生証をお持ちください)
※個人賛助会員は無料となります。

■キーワード
地域医療、公共政策、社会保障、医療政策

■堀真奈美氏について
慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同大学院政策・メディア研究科博士課程修了。2002年より東海大学教養学部人間環境学科専任講師、助教授を経て、2012年教授に就任。専門テーマは、老人医療費の地域差研究、介護保険導入後の医療福祉環境の変化等、研究分野は医療福祉分野の政策・経営に関する研究であり、イギリスを中心に社会保障の国際比較研究も行っている。

■参考資料・URL
・『政府はどこまで医療に介入すべきか』ミネルヴァ書房
・『生命と自由を守る医療政策』東洋経済新報社(共著) 


----
※お申し込みの締め切りは8月21日(月)10時00分とさせていただきます。イベント申し込み時点では確定せず、当機構にて抽選の後、結果を8月22日(火)中にお知らせいたします。個人賛助会員の方は、優先的にご案内いたします。
※お申込み後に、申込完了メールが届きます。メールが届かない場合は、お手数ですが当機構事務局までご連絡ください。
※キャンセルをされる場合、8月30日(水)10時00分までにご連絡ください。これ以降のキャンセルにつきましては、参加費を頂く場合がございます。

■お問い合わせ先
日本医療政策機構 事務局
E-Mail: info@hgpi.org


 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る