HOME > 活動報告 - 記事・報道 > (メディア掲載)「認知症の克服は待ったなしの総力戦 -世界へ向けて、医療と製薬が今できること、やるべきこと-」(日経Gooday)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(メディア掲載)「認知症の克服は待ったなしの総力戦 -世界へ向けて、医療と製薬が今できること、やるべきこと-」(日経Gooday)

日時2015-11-27

World Dementia Council 委員を務める当機構黒川と、第一三共株式会社代表取締役社長 兼 CEO 社長執行役員中山讓治氏の対談記事が掲載されました。

本文はこちらからご確認いただけます。


認知症は、グローバル社会に共通する地球規模課題ともいえる大きな課題になっています。
当機構は、2014年11月に東京で開催された政府主催のG7認知症後継イベントに合わせて、OECD(経済協力開発機構)と共催で「社会的投資により認知症課題を解決する -G7認知症サミット後継イベント 民間サイドミーティング-」を実施、継続的な政策提言活動を続けてまいりました。
その関心の高まりを受け、2015年1月には新オレンジプランとして新たな認知症国家戦略が定められるなど、認知症政策は大きく一歩前進しました。
2015年度もこのトレンドを継続すべく、認知症をテーマとした活動をしています。

「社会的投資により認知症課題を解決する -G7認知症サミット後継イベント 民間サイドミーティング-」の当日の様子はこちらからご確認ください。

 
 

ページトップへ

記事・報道一覧に戻る