HOME > 活動報告 - 記事・報道 > (講演)BioJapan2015「融合科学が貢献する認知症対策」(2015年10月15日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(講演)BioJapan2015「融合科学が貢献する認知症対策」(2015年10月15日)

日時2015-10-19

(講演)BioJapan2015「融合科学が貢献する認知症対策」(2015年10月15日)

Biojapan2015のフォーラム「融合科学が貢献する認知症対策」にて、当機構黒川、国立長寿医療研究センター理事長 鳥羽先生の対談を行いました。

認知症は、日本のみならずグローバル社会に共通する地球規模課題ともいえる大きな課題になっています。
また、治療やケア、新薬の開発だけではなく、ロボット 技術などのあらたなテクノロジー、ビッグデータによる研究、見守りサービスなど、イノベーティブな解決策を日本が提示することがグローバル社会から期待されています。
今回の対談では、認知症をめぐる世界的な動向や認知症をめぐる予防、治療、ケア、研究などの最新動向についての具体的な事例紹介も交えながら、認知症の課題解決に向けて、今後バイオ産業がどのように貢献することが可能かを議論しました。

■パネリスト:

 ・黒川 清
  (世界認知症会議 委員 / 日本医療政策機構 代表理事)
 ・鳥羽 研二
  (国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 理事長)
■モデレーター:
 ・小野崎 耕平
  (日本医療政策機構 理事)



 
 

ページトップへ

記事・報道一覧に戻る